大事な物件を手放す時|投資マンションの売却をする鍵

貯金箱

誰もが入居しやすいように

男の人

入居者募集の間口を広げる

アパートやマンションを借りる際には、連帯保証人をつけることが基本原則となります。が、しかし社会環境の変化により親族に連帯保証人を頼むことができないや連帯保証人の要件を頼みたい親族が満たしていないために連帯保証人を立てることができない人も増えています。また、連帯保証人をつけても入居時には保証する能力があったとしても、その後経済事情が変わり連帯保証人としての能力を失う人もいます。そこで、賃貸保証会社を間に入れて入居者と賃貸契約を結ぶのがお勧めです。賃貸保証会社を間に入れて賃貸契約を結ぶのは大家だけでなく入居者にとってもメリットがある契約です。入居者は連帯保証人を立てることができなくても賃貸契約を結ぶことができ、大家は今まで断っていた入居者でも家賃滞納を心配することなく入居してもらい空室のリスクを下げることができるようになります。

業界団体に所属しているか

家賃をきちんと回収したい大家にとっては、入居者のメリットよりも大家のメリットを優先したいものです。そのため、大家への保証内容が充実した賃貸保証会社を良く感じ選ぶことも多くなりますが、ここには注意が必要です。賃貸保証会社の中には、入居者への取り立てが非常に厳しく、そのため裁判沙汰にまで発展したケースが少なくないからです。もちろん、家賃を滞納した入居者に問題はあるのですが、経済状況の急激な変化で払いたくても払えないこともあります。なので、賃貸保証会社を選ぶときは、入居者が家賃滞納した場合の対応について確認しておきましょう。大家からすれば生ぬるいと感じる回収の仕方でも、入居者から評判が良ければそれだけ賃貸保証会社と契約を結んでもらうことができます。最低でも、業界団体に所属している賃貸保証会社を選んで契約をしましょう。