大事な物件を手放す時|投資マンションの売却をする鍵

貯金箱

賃貸物件経営のこつとは

ウーマン

管理会社への依頼がお勧め

不動産、たとえばワンルームマンションなどを購入するのは、自分で住むという目的の人もいるでしょうが、賃貸物件として入居者を募り、家賃収入を得たいという目的の人もいます。そのような時、自分で家賃の徴収からトラブル対処、そして物件管理というのはとても難しいものです。まして、他に仕事をしながら管理しようとしても、なかなかうまく行きません。そのような場合は、やはり賃貸管理会社にまかせるのがいいでしょう。賃貸管理会社であれば、管理そのものが仕事ですから、スムーズに事態に対処してくれます。ただし、もちろんその分経費がかかります。会社によっても異なりますが、相場としては、家賃収入の5パーセント程度と考えておきましょう。また、オーナーの考えや賃貸物件の特徴にふさわしい業者を選ぶのも大事です。

納得の行く業者を選ぶこと

賃貸管理会社の選び方のポイントとしては、まずその不動産のある地域に強いかどうかということです。また関連法の改正などに詳しいこと、財務面がしっかりしていること、会社や社員の雰囲気がいいことなどもポイントとなります。それから管理依頼の方法もいくつかあり、入居者募集だけを賃貸管理会社に頼む方法もあれば、家賃の徴収やトラブル対応をまかせる方法もあります。また家賃の滞納がある時に、家賃収入を保証する会社や、サブリースというシステムもあります。このサブリースとは、賃貸管理会社が物件を買い上げて、家賃収入を保証する方法ですが、礼金や敷金は賃貸管理会社の収益となることが多いです。一口に賃貸管理といっても様々ですので、不動産を安心してまかせるためにも、よく相談して決めるようにしましょう。